2005年12月07日

速筋と遅筋 バランスよく鍛えよう

速筋遅筋 バランスよく鍛えよう

 
  筋肉を鍛えて効果的に代謝アップしましょう〜♪


   筋肉には速筋遅筋があります。
  速筋は瞬間的に大きな力を出すときに使う筋肉です。
   持久力を発揮するときに使う筋肉が遅筋です。


  速筋は長期間のトレーニングに耐えられない人でも短期間で
  鍛えられるのが特徴です。

   

   代謝アップのためにこの速筋を鍛えるのが近道です。
   まず、腹部、背中,足、などを鍛えていきます。


 腹部(腹直筋)背中(脊柱起立筋)太もも(大腿四頭筋・大腿二頭筋)


 大きい筋肉ベスト3です。この3つを意識的に鍛えることにより
 代謝のいい体に早く近づいていけます。


 有酸素運動をするときに使う遅筋も鍛えることができれば
 より効率よく代謝アップできます。


 ▼ワンポイントエクササイズ
_______________________________________________________________

 太ももの内側を鍛える〜。

 この運動により、お尻も引き締まります。
 まず、まっすぐに立ちます。足を肩幅に広げます。

 そのまま立った状態で前から右の足を折り曲げて
 左の手でかかとにタッチします。

 反対も同じようにやってみてください。
 左足は、右手でタッチです。


 また、今は前からタッチしましたが今度は
 後ろからも同じようにやってみてください。

 ポイントはまっすぐに立っているということ。
 体を前に倒したりふらついたりしないように
 やってみてくださ〜い(^^)

 簡単に鍛えられますよ〜♪
posted by ダイエット、美容、健康 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10352934
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。